コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

電波発信、機能を確認=鹿児島大、創価大の衛星(時事通信)

 H2Aロケットに相乗りして21日朝に打ち上げられた小型衛星4基のうち、鹿児島大と創価大(東京都八王子市)の衛星が電波を発信し、機能していることが確認された。
 鹿児島大の西尾正則教授(54)は「ほっとした。これから2カ月間、気象災害予測に使えるような基礎データを取得し、成果を出したい」と話した。
 創価大の伊本俊明講師(62)は「電波の受信は、アンテナを展開できたということ。これだけでも100点満点。次はカメラで地球の画像を撮影したい」と話した。 

高速新料金6月断念 小沢氏「国民の気持ちも一緒」(産経新聞)
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜(医療介護CBニュース)
<三島由紀夫賞>東浩紀さん「クォンタム・ファミリーズ」に(毎日新聞)
志賀自工会会長「頑張っていると言われるように」(レスポンス)
天皇、皇后両陛下 皇居・宮殿でカンボジア国王歓迎行事(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

浴室で練炭自殺?女性2人の死体 市川市(産経新聞)

 7日午後1時ごろ、千葉県市川市にあるアパートの浴室で、26歳と28歳の女性2人が死んでいるのを県警市川署員が見つけた。

 同署の調べによると、このアパートは28歳の女性の自宅。浴室には目張りがされ、風呂のふたの上には練炭が4つ置かれていた。2人は横たわった状態で発見され、死後1週間が経過していたとみられる。部屋には2人が書いたとみられる遺書がそれぞれ見つかり、同署は自殺した可能性が高いとみて調べている。

 同署によると、都内に住む26歳の女性の母親が4月下旬ごろから、娘と連絡が取れなくなったという。その後、女性が勤めていた都内の書店を辞め、自殺をほのめかしていたことも判明。母親は親戚(しんせき)の男性を通じて同署に「友人と集団自殺を計画しているらしい」と相談していた。同署によると、2人は同じ書店で働いていており、4月初旬までに辞めていたという。

【関連記事】
民家に2人の遺体、母の病死後に息子自殺か 福岡
練炭自殺?母と6歳児、車内で死亡 三重・志摩
アパートで練炭心中か 年下男性の遺体に刺し傷
自殺ほう助の少女に有罪「社会的責任を自覚すべき」
自殺ほう助未遂の少女に有罪 福島地裁
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

辻食文化賞 奥村彪生さんの著作など受賞(毎日新聞)
参院島根に桜内朋雄氏=みんな、1人区初の公認(時事通信)
皇太子さま、首都圏外郭放水路に(時事通信)
一青 窈 ニューアルバムは架空の街『花蓮街』が舞台
NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。